トリミングの流れ

お預かり

BUELCO「ブエルコ」では飼い主様とのカウンセリングをとても大切にしています。ご希望のカットスタイルや日常のことなど、いろいろとお話をお伺いした上で様々な視点からトリミングの方向性をご提案させていただきます。また、当日の体調等を確認してからお預かりいたします。何か少しでも気になることや変化がありましたら、必ずお伝えください。

GROOMING[グルーミング]

グルーミングとは、主にブラッシング、爪切り、足裏・おしり・おなかバリカン、耳掃除・肛門線絞りを指します。からだ全体に触れながらいつもと変わりないかも丁寧にチェックします。何か気づいたことは小さなことでも必ずお伝えします。爪切りは爪を切った後、ヤスリでできる限り丸く、引っかかりのない爪に仕上げます。

SHAMPOO[シャンプー]

シャンプーやコンディショナーは犬種や毛のタイプ別に、フランスで獣医師や薬剤師が開発したナチュラル・オーガニック成分を用いたケアシリーズ、BIOGANCE(バイオガンス)の商品をご用意しています。パラベン、フェノキシエタノール、合成着色料は使用せず、イオン指数(ph)や全成分を明記しているので安心です。薬用シャンプーも常備していますが、皮膚トラブルの原因や状態によって適した薬用シャンプーの使用が適切です。皮膚のトラブルがあるコは、かかりつけの獣医師にご相談の上、動物病院で処方された薬用シャンプーをお持ちください。

CUT[カット]

仕上がりの目安で一部バリカンを使うこともありますが、その場合も含めオールシザーでカットいたします。BUELCOの目指すカットは、犬らしく、動物本来の自然なシルエットと仕上がり。人の手が加わっていながらもそう感じさせないスタイルをコンセプトとしています。犬が生まれながら持っている魅力を、トリミングによって更にそのコらしく、誰からも愛されるカットを心がけています。また人間と同じように、仔犬から老犬になるまで、毛質や毛量、色、体つき、性格も変わっていくものです。無理をしたり余計な負担をかけたりせずに、ちょっとした独自のセンスで、その時々に合ったスタイルをご提案いたします。

PLUCKING[プラッキング]

テリアなどワイアーコートを持つ犬種において、伸びた被毛を引き抜く作業を『プラッキング』と言います。テリアの場合は季節換毛を行わないため、人が引き抜いて換毛を行います。テリアにおける良い被毛とは、硬く太く、色素の濃い被毛で、皮膚に張り付くように密着して生えていることが理想です。プラッキングを行うことで犬種らしい外見を引き出せ、硬く張り付くような被毛をつくることで皮膚を外的刺激から守り、また、プラッキングの刺激によって皮膚自体が丈夫になるメリットがあります。テリア達が持つ独特のカッコよさ、可愛さを大切にし、毛質や毛の生え方など状態を見て、丁寧に抜いていきます。そのコに合わせた適切なトリミングサイクルをご提案し、いつも”いい状態”を目指します。

お返し

カットスタイルやお預かり中での様子などをお伝えします。カットスタイルで気になる箇所などがありましたら、すぐに対応させて頂きますのでご遠慮なくお申し出ください。また、次回のトリミングまでの間のアフターケアも行っていますので、お気軽にお問合せください。

 

ご予約はお電話かメールをご利用ください。

.0354329880

メール