HAPPY NEW YEAR ☆ 2017

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年度も沢山のお客様にご来店いただきまして、誠にありがとうございました。

2016年はお店の移転の他にもいろんな出来事があり、とても濃い一年となりました。

 

5月には高松で行われた、『ペットフェアin香川』にて、2日間に渡りセミナーを行わせていただき、沢山の方々に参加していただきました。

ペットフェアin香川

講演後には、「とても共感しました!」との声や「ぜひ卒業後、働かせて欲しいです!」とお声をかけてくださる方もいて、同じトリマーさんやオーナーの方々と交流でき、とても貴重な経験をさせていただきました。

 

 

そして昨年は新しい家族が増えました♡♡

浜松のクランバーアップケネルさんから来た、ボーダーテリアの ”B”!

ボーダーテリア

 

福井のケネルバルトさんから来た、ポーチュギーズウォータードッグの ”PORUTO” です!

ポーチュギースウォータードッグ

 

どちらもこの犬種では日本で唯一のブリーダーさんで、
一昨年前からお願いをしていて、首を長〜くして待っていました。

無事に生まれましたとのご連絡があり、どちらもちょっと遠いですが、、仔犬達に会いに行き、BとPORUTOに出会いました♡♡

それから3ヶ月になるまで待ち、やっと、やっと、迎えることができました。

”B”は
BUELCO=ブエルコ
BORDERTERRIER=ボーダーテリア
BANQUET〜=ヴァンケット動物病院
の頭文字をとってBに。

ボーダーテリア

ボーダーテリアのB

 

ボーダーテリアのビー

トリミングテーブルのボーダーテリア

プラッキング中のボーダーテリア

 

”PORUTO”は
ポーチュギーズウォータードッグの原産国、ポルトガルと、
ブリーダーさんのkennelBARUTOとかけてPORUTOに。

ポーチュギースウォータードッグの仔犬

ポーチュギースウォータードッグの仔犬

ポーチュギースウォータードッグの仔犬

ポーチュギーズウォータードッグのポルト

PortugueseWaterDog

ポーチュギーズウォータードッグのPORUTO

 

ポーチュギーズウォータードッグのポルト

 

Bちゃんは10ヶ月、ポルトは7ヶ月になりました!!
仔犬の成長は早いです!

 

 

 

そして、新メンバーはスタッフも!!

昨年6月からトリマーアシスタントになりました、草野彩です。

とくに募集をかけてはなかったのですが、「どうしてもここで働きたいです!」と、熱いアピールをされ、BUELCO初のスタッフとなりました。

よくお客様に似てると言われ、「妹さん??」と聞かれますが、妹ではありません!笑

私とちょうど一回り年が離れていてピチピチです☆

でも若さは別として、、

背格好、よく食べ、よく笑うところなど、確かにいろいろ似ています。

とても有難いことに、この半年でまたお客様も増え、今となっては2人でも予約が回らないほどになりました。

良いタイミングで良い縁があり、本当に嬉しい限りです。

 

新しく加わった、スタッフの彩と、看板犬のBとポルトを、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

BUELCO 松原加奈

移転のお知らせ

BUELCOの地図

2016年11月1日、お店を三宿に移転いたしました!

新しい住所は、世田谷区三宿1−2−9です。

電話番号は変わらず、03−5432−9880です。

今までの店舗からですと、三宿の交差点で246を渡り、そのまま真っすぐ進み、1つ目の信号(郵便局とローソンがあります)を渡って4軒目になります。

なお、駐車場はございませんので、近隣のパーキングをご利用ください。
(お店の前の停車は近隣の方のご迷惑になりますのでご遠慮ください。)

移転の日程がなかなか決められなかったため、余裕を持ってご報告できず、直接お伝えできていないお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、リニューアルしたBUELCOを今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

地図PDFはこちらPDF

ボーダーテリア♡

もうすぐ、BUELCOに新しい家族がやってきます♡

犬種は「Border Terrier・ボーダーテリア」

 

ボーダーテリアとは、イギリス原産のとても歴史の古い犬で、ダンディディンモントテリアとベドリントンテリアが元になったと言われている犬種です。

もともとはイングランドにあるボーダーズ地方で、キツネ狩り用に作られ、ハウンド犬とともにキツネを追い、巣穴に潜り込んで追い出す役割を果たしていた狩猟犬。

そのため、足の速いハウンド犬や猟師の乗った馬のペースに合わせられるタフさ、

穴に潜りやすいよう、コンパクトで、細くて、柔らかい体、

身を守れるよう、とても硬い針金のような毛質と厚くて丈夫な皮膚を持ち合わせているのです。

そうです、硬ーい毛質を維持するため、ボーダーテリアはプラッキング犬種!

また、他の犬と群れで仕事をしていたため、テリアにはめずらしく、協調性を持った犬種です。

 

歴史を読み解いていくと、なるほど〜〜ですね!

犬の歴史っておもしろいです!!

 

そしてなんと言ってもこの犬種の最大の特徴はカワウソのような頭部♡

野性的なこのカワウソ顔と、素朴でおおらかな性格を知って以来、いつか、いつか、必ず飼いたい・・・♡と、ずっと思い続けてきました。

 

これはもう10年も前のアメリカのドッグショーを見に行ったときの写真。

たくさんのボーダーテリアを見ることができてほんとに感動でした!!!

ボーダーテリア1 ボーダーテリア2   ボーダーテリア3 ボーダーテリア4 ボーダーテリア5

ボーダーテリアは原産国のイギリスをはじめ、アメリカなど海外ではとても人気がある犬種ですが、日本ではとってもマイナー。

2015年のJKC新規登録数ランキングでは134犬種中、102位で、頭数はたったの16頭。

ちなみにトイプードルは不動の1位で、頭数は76992頭!!!

ちなみにちなみに

ブリュッセルグリフォンは、55位で、頭数は138頭!

数字でみても、ボーダーテリアがどれだけマイナーなのかがわかります。

 

日本のドッグショーでもほとんど見かけることができませんが、この希少なボーダーテリアを、日本で唯一、海外の有名ブリーダーと組んで、より良いボーダーテリアを作るため、とっても大切に、愛情たっぷりに、計画的な繁殖を行っているのが、静岡県浜松にあるクランバーアップケネル。

ボーダーテリアとワイアーフォックステリア、ジャックラッセルテリアをブリーディングされている、世界的に有名なテリアのスペシャリスト、露木浩先生と見市香緒先生の犬舎です。

 

先日開催されたFCIジャパンインターナショナルドッグショーでも、アメリカから来日したボーダーテリアのジャックがエントリーされていました。

show1show5show4

ぜんぜんうまく撮れていない写真ですが、、、ボーダーテリアの前にいるジャックラッセルテリアも、手前のケアンテリアもクランバーアップケネル。

テリアのグループ選はクランバーアップケネル犬たちがいっぱい!笑

ジャックはとっても楽しそうにのびのびとリンクを走っていました。

あー!ジャックかっこよかった〜!かわいかった〜♡

 

そして去年、このボーダーテリアへの思いを胸に、犬舎を見学させていただいて、仔犬をお願いしていたのですが、ようやく先月生まれたとのこと・・・♡

 

いよいよ我が家に、BUELCOに、ボーダーテリアがやってきます!!!

 

つづきはまたあらためて・・・♡